犬の図鑑

犬の図鑑

犬は私たちの大切なパートナー。そんな犬のことがよく分かる犬の図鑑です。世界の様々な犬種について、それぞれの特徴や飼い方、しつけの方法、気をつけたい病気などを分かりやすくガイドしていきます。

犬の図鑑

最近登録された犬の情報

以下は、直近登録された犬の情報です。

ミニチュア・シュナウザー

小型のスタンダード・シュナウザーに、アッフェン・ピンシャー、プードルなどを交配して小型化に改良され誕生した。
農場のネズミ駆除の目的で作られ、19世紀末フランクフルト・アム・マインで固定化されたが犬種として安定せず、アメリカに渡った後固定化され、原産国のドイツをはるかにしのぐ頭数が飼育されてきた。日本には、昭和30年代頃よりアメリカから輸入されて広まった。現在ではペットやショードッグとして飼育され、テリア・グループ中では最も人気が高く「最良の家庭犬」と称される。

>>ミニチュア・シュナウザーの詳細を読む

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

その起源はよく判っていないが、11世紀に書かれた書物にウェールズの牧畜犬が登場している事から、かなりその歴史は古いと考えられている。
元々は南ウェールズのペンブロークシャー地方で牧畜犬として牛を誘導する仕事をしていたとされる。1920年代になるとドッグショーにも登場するようになった。
その後、徐々に注目されはじめ、ブリーダーにより交配を繰り返し、人気を集めるようになっていった。

>>ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの詳細を読む

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

その起源はよく判っていないが、何世紀も前に中央ヨーロッパからウェールズ地方に渡ったとされる。イギリスに持ち込まれた犬種としては最も古いものと考えられており、「イングリッシュ・ターン・スピッツ・ドッグ(絶滅種)」の血統が入っていると考えられている。

当初は番犬や狩猟犬として飼育されていたが、その後は主に王族が所有していた広い領土で家畜を誘導する牧畜犬として使役されるようになる。

>>ウェルシュ・コーギー・カーディガンの詳細を読む

スムース・フォックス・テリア

その起源は17世紀頃とされる。主に「イングリッシュ・フォックスハウンド」と共にキツネの狩猟を行う仕事を行っていた。主な役割は、イングリッシュ・フォックスハウンドにキツネを捕獲させるため、地中のキツネを追い出す役割を担っていた。

元々は赤毛が主流だったが、獲物と区別しやすいように改良が施され、薄暗い場所でも識別しやすい様に現在のようなカラーになった。

>>スムース・フォックス・テリアの詳細を読む

プードル

プードルは大きさによって「トイ」「ミニチュア」「ミディアム」「スタンダード」の4種類に分類される。

古くよりヨーロッパ各地に存在し、その起源については諸説あり詳しい事は判っていない。フランスで特に人気を集めていた事から、フランス原産と考えるのが一般的だが、一方、「プードル」の語源はドイツ語であり、ドイツに存在した水辺の狩猟犬が原種との説や、南欧の水中作業犬(ウォータードッグ)との混血説などがある。

>>プードルの詳細を読む

ワイマラナー

マスティフとヨーロッパで繁殖されていたポインター種と交配して誕生したと考えられている。その歴史は古く、11世紀頃には良く似た犬種の存在が確認されている。
主にシカやクマなどの狩猟犬を作る目的で改良を重ねられた。その後は、主に上流階級の人々によって飼育されていたとされる。

>>ワイマラナーの詳細を読む

ワイヤー・フォックス・テリア

2種類あるフォックス・テリアのうち、針金のような剛毛の被毛を持ったワイアー・タイプ(もう一方はスムース・タイプのスムース・フォックス・テリア)。
その起源はウェールズ地方に生息していた、「ラフ・コーテッド・ブラック・アンド・タン・テリア」から派生したとされる。
元々は、地中のキツネを捕獲する優れた能力を持った狩猟犬として使役されていた。

>>ワイヤー・フォックス・テリアの詳細を読む

ロットワイラー

紀元前にローマ人が闘犬や飼育していたモロサスタイプの犬を、牧畜犬として改良されて誕生した。
主に牛の群れを誘導する牧牛犬や、警備犬としても使役されていた。19世紀に入り牧畜の仕事が機械化されると、警備犬としてや、軍用犬、警察犬としても仕事をするようになる。

1870年代になると、ドーベルマンの原種としてその作出に使われた事で知名度が上昇。現在でも作業犬としてや、ペット、ショードッグとして日本をはじめ世界中で多く飼育されている。
時に幼い子供を噛むなどの事件が起きているが、基本的には正しいしつけがなされていれば、自から積極的に人を襲う犬種ではないとされるため、正しいロットワイラーの飼育知識を持つ必要がある犬種である。

>>ロットワイラーの詳細を読む

ローデシアン・リッジバック

16~17世紀頃、ヨーロッパのボーア人たちが南アフリカに渡ってき際に伴っていたマスティフ、グレート・デーン、ブラッド・ハウンド、ポインター、スタッグハウンド、グレイハウンドなどの犬たちを、地元の「ホッテントット」という民族が飼育していた猟犬とを交配させ誕生した。当時は番犬や狩猟犬として使役されていた。
その後19世紀頃になると、犬名の由来となったアフリカの「ローデシア」にてライオン狩猟のためのライオン追いの仕事をするようになり、その事から当時は「ライオン・ドッグ」と命名され知名度を上げていった。

>>ローデシアン・リッジバックの詳細を読む

ローシェン

上流階級の愛玩犬だった「ショックドッグ」という犬を元に、被毛をなめらかにし量を増やして改良した犬種であるとされるが、詳しい事はよく判っていない。しかしマルチーズやビション・フリーゼの血統が入っていると考えられている。

作出されてすぐにトレードマークである「ライオンクリップ」が考案され、貴婦人の抱き犬として高い人気を誇った。しかし、被毛の手入れに手間がかかったり、落ち着きの無い性格でよく無駄吠えをした事などから1960年代には人気が下降。ギネスブックにも「世界で最も生存数が少ない犬種」として当時された事もあるほど。

>>ローシェンの詳細を読む