犬の図鑑>ま行で始まる名前の犬

ま行で始まる名前の犬

ま行で始まる名前の犬に関する犬の情報を掲載しています。ま行で始まる名前の犬カテゴリーに属している犬種の一覧です。詳細を読むからその犬の詳細情報を見ることができます。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  

ミニチュア・シュナウザー

小型のスタンダード・シュナウザーに、アッフェン・ピンシャー、プードルなどを交配して小型化に改良され誕生した。
農場のネズミ駆除の目的で作られ、19世紀末フランクフルト・アム・マインで固定化されたが犬種として安定せず、アメリカに渡った後固定化され、原産国のドイツをはるかにしのぐ頭数が飼育されてきた。日本には、昭和30年代頃よりアメリカから輸入されて広まった。現在ではペットやショードッグとして飼育され、テリア・グループ中では最も人気が高く「最良の家庭犬」と称される。

>>ミニチュア・シュナウザーの詳細を読む

ミニチュア・ピンシャー

起源について諸説あるが、ジャーマン・ピンシャー、ダックスフンド、イタリアン・グレーハウンドを交配して作られたと言われている。この犬種に似た犬が17世紀の絵画に描かれていることから、その頃には既に誕生していたと推測される。20世紀に入るとさらに小型化を目指し改良が進んで、現在のような容姿となったとされる。

>>ミニチュア・ピンシャーの詳細を読む

マンチェスター・テリア

19世紀頃、ネズミなどの狩猟を行う犬を作る目的でブラック・アンド・タン・テリアやウィペットなどを交配させ誕生した。そのほか流行していたネズミやウサギ捕獲ゲームに使う目的でも作られた。元々は原種であるブラック・アンド・タン・テリアがその役割を担っていたが、運動神経が抜群な所を買われ、本家よりその評判を呼んでゲーム用や作業犬として使われるようになった。

>>マンチェスター・テリアの詳細を読む

マルチーズ

紀元前1500年頃、フェニキア人船乗りがマルタ島に持ち込んだ犬が原種とされ、マルタ島からその名前がつけられた。最初から愛玩犬として飼われた犬種としては最も古い。

14世紀頃より海外に持ち込まれるようになり、ヨーロッパなどでは主に上流階級の人々から寵愛を受けた。当時の絵画などからもその様子がうかがい知れる。イギリスのヴィクトリア女王が飼育していた犬としても知られる。

>>マルチーズの詳細を読む

マスティフ

紀元前1000年ごろにフェニキア人がイギリスへ持ち込んだ闘犬「パグノーズ・ブリタンニア」や「モロサス犬」などが原種と考えられている。

当初は闘犬として使役され、またそのイメージも強いが、大人しい性格であるため闘犬にはあまり向かなかった。主に番犬や狩猟犬として仕事をしていたとされる。

>>マスティフの詳細を読む