犬の図鑑>あ行で始まる名前の犬

あ行で始まる名前の犬

あ行で始まる名前の犬に関する犬の情報を掲載しています。あ行で始まる名前の犬カテゴリーに属している犬種の一覧です。詳細を読むからその犬の詳細情報を見ることができます。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

その起源はよく判っていないが、11世紀に書かれた書物にウェールズの牧畜犬が登場している事から、かなりその歴史は古いと考えられている。
元々は南ウェールズのペンブロークシャー地方で牧畜犬として牛を誘導する仕事をしていたとされる。1920年代になるとドッグショーにも登場するようになった。
その後、徐々に注目されはじめ、ブリーダーにより交配を繰り返し、人気を集めるようになっていった。

>>ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの詳細を読む

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

その起源はよく判っていないが、何世紀も前に中央ヨーロッパからウェールズ地方に渡ったとされる。イギリスに持ち込まれた犬種としては最も古いものと考えられており、「イングリッシュ・ターン・スピッツ・ドッグ(絶滅種)」の血統が入っていると考えられている。

当初は番犬や狩猟犬として飼育されていたが、その後は主に王族が所有していた広い領土で家畜を誘導する牧畜犬として使役されるようになる。

>>ウェルシュ・コーギー・カーディガンの詳細を読む

オッター・ハウンド

イギリス原産のセントハウンド犬種のひとつ。
オッターハウンドの原種は、12世紀の後半ごろに誕生したとされる古い犬種「オッタードッグ」に由来する。オッタードッグはもともとテリア犬種の特徴が強めに出ていた犬種であったが、改良過程でセントハウンド犬種の血が多く導入されて犬種として確立され、13世紀ごろオッターハウンドが完成した。
オッターハウンドの「オッター」とは、「カワウソ」という意味で、その名の通りカワウソの狩猟のために使役され、古くより一般市民からイギリス王族まで幅広く好まれていた。

>>オッター・ハウンドの詳細を読む

オールド・イングリッシュ・シープドッグ

オールド・イングリッシュ・シープドッグはイギリス原産の牧畜犬。英語では断尾されていることから「尻尾なし」という意味の「ボブテイル」と称される事もある。

イギリスの田舎の犬が起源とされているが、正確な事は判っていない。
1770年代に英国の画家により描かれている犬が、オールド・イングリッシュ・シープドッグの初期型だとの説や、 1800年代初期のイングランド南西部郡での牧畜犬・スミスフィールドやコッツウォルド・コーと呼ばれた犬もオールド・イングリッシュ・シープドッグの祖先である可能性などが指摘される。
しかし多くの愛好家はビアデッド・コリーが現在のオールド・イングリッシュ・シープドッグの原種の一つであるとしている 。また、サウス・ロシアン・シェパード・ドッグという種類が祖先の一つであるという説もある。

>>オールド・イングリッシュ・シープドッグの詳細を読む

オーストラリアン・テリア

オーストラリア原産のテリア犬種。
1860年代にオーストラリアへ渡ってきた移民が1870年代頃、ヨークシャー・テリア、ノーリッチ・テリア、ケアーン・テリア、スコティッシュ・テリア、ダンディ・ディンモント・テリア、スカイ・テリア、アイリッシュ・テリアなどの犬種を交配し、ワーキング・テリアの一種として作ったテリア。狩猟犬として、地中の獲物や畑を荒らすキツネやウサギなど害獣退治に使われており、特に有害な毒蛇の捕獲を得意としていた。

>>オーストラリアン・テリアの詳細を読む

オーストラリアン・シェパード

アメリカのカルフォルニア州原産の牧羊犬種。オーストラリアと名前についているが、実際にはオーストラリア産の犬種ではない。愛称は「オージー」。

1800年代にアメリカへ渡ってきた移民が伴っていた、グレート・ピレニーズ、ワーキング・コリー、ティモンズ・バイター、ラフ・コリー、スムース・コリー、ボーダー・コリーなどの犬達の自然交配により生まれた犬種がこのオーストラリアン・シェパードの原種。しかし、オーストラリアから直接連れて来られた犬種であると勘違いされた為このような犬種名になった。

>>オーストラリアン・シェパードの詳細を読む

オーストラリアン・キャトルドッグ

オーストラリア原産。主に牛追いをする牧牛犬として使われているが、牛以外にも山羊や馬、アヒルなどのハーディング(動物の囲い込みと管理)もこなせる優秀な牧牛犬種のひとつである。
原種はオーストラリア原産の「ティモンズ・バイター」という犬種。ティモンズ・バイターは牧牛犬として優秀だったが、牛のかかとを強く噛みすぎるという欠点があった。それをただす目的で、ティモンズ・バイターを元に、スムース・コリー、ディンゴ、オーストラリアン・ケルピー、ブル・テリア、ダルメシアンなどを交配させ生まれたのがオーストラリアン・キャトルドッグである。

>>オーストラリアン・キャトルドッグの詳細を読む

オーストラリアン・ケルピー

オーストラリア原産の牧羊犬種。19世紀頃にスコットランドからオーストラリアへ渡ってきた移民が伴っていたスムース・コリーが原種とされる。
現地オーストラリアでは毎年10万頭以上の登録があるほどの人気犬種である。
犬種名の「ケルピー」とは「水の精」としてスコットランドに伝わる伝説の幻獣「ケルピー」から名付けられたと言われる。

>>オーストラリアン・ケルピーの詳細を読む

エアデール・テリア

エアデール・テリアは、かつて水辺でカワウソ猟をしていた事から「水のテリア」とも呼ばれる。また、テリア種では最大の大きさを誇る大型のテリアであることから「テリアの王様」とも称される。
ウェルシュ・テリア同様、古いイギリスのテリア種、またはオールド・ブラック・アンド・タン・ラフ・テリアを原種とする犬種。
これらの犬は、ネズミやキツネなどさまざまな害獣を捕獲する狩猟犬としてイギリス、特に北部のヨークシャー地方で飼育されていた。

>>エアデール・テリアの詳細を読む

ウェルシュ・テリア

ウェルシュ・テリアは、古くからウェールズ地方で家畜の番犬として飼われてきた犬種。
2種類しかいないウェールズ産のテリアのうちのひとつで、18~19世紀にイギリスで主流だったオールド・ブラック・アンド・タン・ラフ・テリアが原種と考えられている。
第一次世界大戦後の品種改良で、実用犬だった頃より容姿が発達し、現在のような品種として定着。主にペットして飼われている。

>>ウェルシュ・テリアの詳細を読む

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの起源には諸説あり、現在も議論されているところでもある。
約1300年頃のウェールズ地方の法令に、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルと思われる犬に関する記述があるが、これが現在のウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの祖先なのかどうかは良く分かっていない。また、この犬種がイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと同時期に発展していったとする説や、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとクランバー・スパニエルとの交配から発達していったという説も存在する。

>>ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの詳細を読む

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

スコットランド・西ハイランド地方原産の小型テリアで愛称はウェスティ。
性格や体型などから、農家でキツネやアナグマ、ネズミなどの害獣から穀物を守る番犬として1800年代に活躍していたケアーン・テリアを元に、1900年代初頭、この犬種の白い種類のみを西ハイランド地方の軍人・マルコルム大佐が繁殖させたポルタロック(ポルタロッチ)・テリアが、この犬の原種とされている。

日本には第2次世界大戦後に、アメリカを介して紹介され現在も根強い人気を誇る。

性格は何に対しても好奇心旺盛で、地面に穴を掘ったり時々吠えたりするなど活発に動き回っている事が多い。独立心が強く、少し頑固でわがままなところも。ただし、愛情深く親しみやすいテリア種のひとつともいえる。

>>ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの詳細を読む

ウィペット

ウィペットは、イングランド原産のサイトハウンド犬種。名前は「鞭で打たれた馬のように早足で駆け回る」ことに由来していると言われている。
この犬種の元となった原種は、17世紀ごろに作出されたミディアム・グレイハウンド。このミディアム・グレイハウンドは、貧しい農民が共同で貴族からイングリッシュ・グレイハウンドを買い寄せ、改良を加えて小型化したものであると言われている。19世紀になるとこのミディアム種は更に改良がほどこされ、他のサイトハウンドタイプの犬種の血が導入されてウィペットが完成したとされる。主にサイトハント(視覚猟)に使われていたが、獲物の臭いのついたルアーを使ったドッグレースなどにも使われていた。

>>ウィペットの詳細を読む

イングリッシュ・ポインター

17世紀頃に誕生したとされるポインター。16から17世紀に近隣諸国の大陸よりイングランドに渡ったスパニッシュ・ポインターがその起源と考えられる。当初は野うさぎの居場所を見つけ、グレイハウンドに射止めさせるために利用されていた。18世紀に入ると、鳥類の猟で鳥の場所を見つけるのに優れた能力を発揮していた。

>>イングリッシュ・ポインターの詳細を読む

イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)

イングリッシュ・トイ・スパニエルは、小型のスパニエル系と東洋の小型犬とを交配させた結果誕生した犬種。スコットランド王国のメアリー女王がフランスからトイ・スパニエルを連れてきたのがこの犬種のはじまりで、もともとはキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルと同じ種類だったといわれている。
当時は「癒しのスパニエル」と呼ばれ、上流階級の人々の間で飼育され、主に飼い主の足元や膝を温める愛玩犬として人気を博していた。この犬種を溺愛していた1人チャールズ2世の時代である17世紀にはこの犬種の一大ブームとなり、彼の名前にちなみキング・チャールズ・スパニエルと呼ばれるようになった。イギリスでは現在でもその名が継承されている。

>>イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)の詳細を読む

イングリッシュ・セッター

イングリッシュ・セッターの起源は14世紀頃。 当時、主に湿原地などでの狩りなどに活用されていた犬種とされ、セッターのなかでも最も古い歴史を持つとされる。
この犬種の祖先犬は、スパニッシュ・ポインター、スプリンガー・スパニエル、ウォーター・スパニエルなどと考えられている。

>>イングリッシュ・セッターの詳細を読む

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

16世紀後半、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、主に陸地で活動をする「ランド・スパニエル」として初めて記録に登場している。その後、19世紀前半から改良が進み、ノーフォーク公爵によって作られたスプリンガーはこの犬種に多大な影響を与え、一時はこの犬種を「ノーフォーク・スパニエル」と呼んだ事もあった。その後、20世紀に入ると「イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル」として定着する事となる。

機敏で運動能力に優れたイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは、鳥を追い払ったり回収したりといった作業を行う優秀な鳥獣猟犬として、猟師たちから重宝され続けてきた。 現在では、鳥獣猟犬としてだけでなく、ペットとしても人気を集めている。

>>イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの詳細を読む

イングリッシュ・コッカー・スパニエル

10世紀以前にイギリスに渡来したスペイン産のスパニエルを先祖とし、その後ウェールズ地方で現在の犬種が発展していったとされる。
元々、猟犬や番犬として鳥などの獲物を追い払ったり、回収する作業をするために作られたランド・スパニエルから枝分かれしていった犬種と考えられている。特に猟犬としての作業をしていた小型のスパニエルがコッカー・スパニエルの先祖と考えられる。

>>イングリッシュ・コッカー・スパニエルの詳細を読む

イビザン・ハウンド

イビザン・ハウンドは、古代エジプトの墓に描かれている犬や、エジプト神話に登場する神などに非常に似ていることから、世界でもっとも古くから飼われていた犬とされるファラオ・ハウンドと同じく、長い歴史を持つと犬種と言われている。

古くは、フェニキア人の商人たちがこの犬種をイビザ島に持ち込んだとされるが、その後外界からの影響がほとんどない隔離されたイビサ島だけで、他の犬種と交配されることなく純血種として生存してきた。 イビザ島ではウサギなどを狩る猟犬として繁殖、発達してきたとされる。1950年代ごろ初めてアメリカに上陸し、その原始的な容姿で「珍種」として注目される事となる。

>>イビザン・ハウンドの詳細を読む

イタリアン・グレーハウンド

起源はローマ時代ごろで、当時の貴婦人のペットとして人気があったとされる。
また、古代エジプトでファラオの宮廷に既に存在していた小型のグレイハウンドは、現在の小型のイタリアン・グレーハウンドの先祖であると考えられている。
当時の有名絵画などにイタリアン・グレーハウンドの絵が多く描かれている事から、イタリアには紀元前5世紀初期頃に渡り、ルネサンス期の貴族の宮廷を中心に発展していったと推測される。

>>イタリアン・グレーハウンドの詳細を読む

アラスカン・マラミュート

もともとはアラスカ西部の海岸地方で暮らすマラミュート族が狩やそり引きなどの仕事をさせる労働犬として飼育していた。
その後、ゴールドラッシュ時代にアラスカで金が発見されると、多くの人々がアラスカに渡りはじめ、娯楽の一環として、アラスカンマラミュートのレースが行われるようになる。その頃より、レース犬としてより早く走る犬を作るなどの理由から、もともとアラスカにいた在来犬種と、入植者たちに伴って来た犬たちとの交配が繰り返されていったとされる。その結果、純血のアラスカン・マラミュートは絶滅の危機に瀕することになるが、20世紀はじめ伝統的なマラミュートの繁殖が始まり現在に至る。

>>アラスカン・マラミュートの詳細を読む

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

19世紀後半にイギリスの移民によりアメリカに渡ったスタッフォードシャー・ブル・テリアがその起源。元々イギリスで闘犬だったが、アメリカでもさらに強い闘犬にすべく、アメリカン・ブルドッグやマスティフ種の犬と交配させることで独自改良されていった。
闘犬が禁止された後はペットや番犬として飼育されるようになったため、激しい気性と攻撃性を抑えるようにさらに改良が進められたとされる。

>>アメリカン・スタッフォードシャー・テリア の詳細を読む

アメリカン・コッカー・スパニエル 

もともとイギリスから輸入されたスペインの猟犬であるスパニエルがその起源。その後1620年、メイフラワー号で最初の移民と共にアメリカに渡った2頭の犬のうちの1頭がこのコッカースパニエルだったと言われ、その後アメリカで発展していったとされる。
ディズニー映画「わんわん物語」のモデルとなった事から世界中に知られるようになった。
日本国内では、昭和30年代から人気の犬種となり現在でも親しまれている。

>>アメリカン・コッカー・スパニエル の詳細を読む

アメリカン・ウォーター・スパニエル

アメリカン・ウォーター・スパニエルの発祥は諸説あり、その外観から、アイリッシュ・ウォーター・スパニエル、ツィード・ウォーター・スパニエル、イングリッシュ・ウォーター・スパニエルなどの犬種が起源と考えられている。また、五大湖地方に住んでいたアメリカン・インディアンに由来するという説も。 元々は猟犬として繁殖していったとされる。 毛色が褐色である事からブラウン・ウォーター・スパニエルと呼ばれる事もある。アメリカ・ウィスコンシン州の州犬でもある。

>>アメリカン・ウォーター・スパニエルの詳細を読む

アフガン・ハウンド

世界最古の犬種として、ノアの箱船に乗ったと伝えられているアフガン・ハウンド。古代エジプト王朝時代には狩猟犬として飼育されていた。
その後。アラビア砂漠を経てアフガニスタンに広がると山岳犬として飼われるようになり、アフガニスタンのバグジー王室でも飼われた。また、遊牧民により野ウサギやガゼル、ヒョウなどを退治する猟犬として活用された。長い間山岳地帯にいたため多種と交配される事がなくその純血を保ったとされる。

>>アフガン・ハウンドの詳細を読む

アッフェン・ピンシャー

原産国はドイツ。ドイツ語で「アッフェン」は「サル」、「ピンシャー」は「テリア」という意味。その名の通りアッフェン・ピンシャーが、まるでサルのような顔つきの愛嬌のあるしかめっ面をしたテリア系の犬だったためこの名がついたとされる。
アッフェン・ピンシャーはトイ・グループの中ではもっとも古い犬種のひとつ。ドイツのミュンヘン周辺が原産地とされるが、オランダ絵画などにもアッフェン・ピンシャーに似た犬が登場したり、またブリュッセル・グリフォンに似ていることから、この犬種との交配であると考えられているが、どちらがルーツであるかなど、その発祥については諸説あり詳細は分かっていない。

>>アッフェン・ピンシャー の詳細を読む

秋田犬

秋田犬は日本原産の犬種で、昭和6年に日本の天然記念物に指定。指定されている犬種7種類のうち唯一の大型犬。
17世紀ころ、猟をする犬として「猟犬」と呼ばれていた犬種がこの秋田犬のルーツ。19世紀の終わり頃になると闘犬として使われていた。
天然記念物に指定されたのをきっかけに「秋田犬」と正式に呼ばれるようになる。
海外でも知られるほど有名な「忠犬ハチ公」は、この秋田犬がモデル。

>>秋田犬の詳細を読む

アイリッシュ・テリア

テリア犬種中もっとも古い犬種の一つとされる。かつてはアイルランドの農場などで牧羊犬や番犬、猟犬として飼われていた。
飼い主に大変忠実で人なつこい性格。記憶力が高いため学習能力に優れている。かつて猟犬として飼われていた事もあり勇敢な性格でもある。

>>アイリッシュ・テリアの詳細を読む

アイリッシュ・セッター

16世紀頃、アイルランドで発展した最も古いセッター種。アイルランドに渡ったスパニエル種が、その後ポインターや他のセッター種との交配により誕生し、アイルランドやイギリスで狩猟犬として飼われていた。
温厚で陽気な性格をしており、人間や他の犬に対しても社交的に接する。活発な性格のため、成長してもやんちゃで幼稚さが残るのでしつけがしにくいと感じる場合もあるが、一度教えた事は忘れにくい性質でもある。
飼い主に忠実だが、自ら行動を起こして飼い主をリードする場合などもあり落ち着きがない所もある。アウトドア派でフリスビーやボール遊びなどスポーツが大好き。

>>アイリッシュ・セッターの詳細を読む

アイリッシュ・ウルフハウンド

紀元前14世紀から15世紀頃までにギリシャからアイルランドに上陸しアイルランドで進化し大型犬化したとされる。かつてローマ帝国時代にはローマへ献上された事もあった。
18世紀まではアイルランド農民に必要不可欠とされており、その大きな体でオオカミやキツネなどの襲撃から家畜や飼い主を守っていたとされている。
19世紀にアイルランドを襲った大飢饉の影響もあり、絶滅の絶滅の危機に瀕したが、19世紀後半に愛好家たちが保護し、様々なハウンド種との交配を重ねその頭数を増やし復活したのが現在のアイリッシュ・ウルフハウンドとされる。全犬種で最も体高が高いがその体格に反し性格は繊細で穏やか。足が速く猟犬としてとても優秀。

>>アイリッシュ・ウルフハウンドの詳細を読む

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル(Irish water Spaniel)とは、その名のとおり水中での作業を得意とする犬種で猟犬としても優れており、特に水鳥の猟に欠く事のできない犬種である。活発な性格で、遊びなどにも熱狂的に取り組む。飼い主に従順だが、飼い主以外の人間に対する警戒心が強い。
その起源は、水中での作業を得意とするポルトガルの猟犬種がスペインを経由しアイルランドに渡ったとされる。アイルランドにはかつてウォーター・スパニエルが3種類いたとされるが、アイリッシュ・ウォーター・スパニエルはその内唯一現存するもの。

>>アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの詳細を読む