犬の図鑑>テリア(犬種)の一覧

テリア(犬種)の一覧

テリア(犬種)の一覧に関する犬の情報を掲載しています。テリア(犬種)の一覧カテゴリーに属している犬種の一覧です。詳細を読むからその犬の詳細情報を見ることができます。

ジャックラッセルテリア、ボストンテリア、ヨークシャテリア、ノーフォークテリアといったようにテリア種の犬の一覧です。

犬の図鑑 犬の種類やしつけ、特徴、飼いやすさなどをガイド

  

ミニチュア・シュナウザー

小型のスタンダード・シュナウザーに、アッフェン・ピンシャー、プードルなどを交配して小型化に改良され誕生した。
農場のネズミ駆除の目的で作られ、19世紀末フランクフルト・アム・マインで固定化されたが犬種として安定せず、アメリカに渡った後固定化され、原産国のドイツをはるかにしのぐ頭数が飼育されてきた。日本には、昭和30年代頃よりアメリカから輸入されて広まった。現在ではペットやショードッグとして飼育され、テリア・グループ中では最も人気が高く「最良の家庭犬」と称される。

>>ミニチュア・シュナウザーの詳細を読む

スムース・フォックス・テリア

その起源は17世紀頃とされる。主に「イングリッシュ・フォックスハウンド」と共にキツネの狩猟を行う仕事を行っていた。主な役割は、イングリッシュ・フォックスハウンドにキツネを捕獲させるため、地中のキツネを追い出す役割を担っていた。

元々は赤毛が主流だったが、獲物と区別しやすいように改良が施され、薄暗い場所でも識別しやすい様に現在のようなカラーになった。

>>スムース・フォックス・テリアの詳細を読む

ワイヤー・フォックス・テリア

2種類あるフォックス・テリアのうち、針金のような剛毛の被毛を持ったワイアー・タイプ(もう一方はスムース・タイプのスムース・フォックス・テリア)。
その起源はウェールズ地方に生息していた、「ラフ・コーテッド・ブラック・アンド・タン・テリア」から派生したとされる。
元々は、地中のキツネを捕獲する優れた能力を持った狩猟犬として使役されていた。

>>ワイヤー・フォックス・テリアの詳細を読む

レークランド・テリア

起源はよく判っていないが、おそらくボーダー・テリア、ベドリントン・テリア、フォックス・テリアを交配し、イギリスの湖水地方カンバーランドで誕生したとされる。
元々はキツネやカワウソなどの捕獲を行う狩猟犬として使役されていた。

キツネ狩りが趣味として行われるようになると、それに伴いレークランド・テリアの人気も上昇。当時は「パターデール・テリア」「フェル・テリア」「エルターウォーター・テリア」などさまざまな名前で呼ばれていたが、1921年に正式に「レークランド・テリア」と認定された。 その後、ドッグショーでも注目を集めるようになっていった。

>>レークランド・テリアの詳細を読む

マンチェスター・テリア

19世紀頃、ネズミなどの狩猟を行う犬を作る目的でブラック・アンド・タン・テリアやウィペットなどを交配させ誕生した。そのほか流行していたネズミやウサギ捕獲ゲームに使う目的でも作られた。元々は原種であるブラック・アンド・タン・テリアがその役割を担っていたが、運動神経が抜群な所を買われ、本家よりその評判を呼んでゲーム用や作業犬として使われるようになった。

>>マンチェスター・テリアの詳細を読む

ボーダー・テリア

現存する世界最古のテリア犬種とされ、世界最古の地中猟犬の姿を現在もとどめている犬種でもある。

ボーダー・テリアの原種と考えられるテリアは、14世紀頃より存在していたと考えられている。ボーダー・テリアとして正式な犬種になったのは17世紀になってからだが、独立した犬種として公認されたのは1920年と、かなり後になってからである。「ボーダー・ハント」という狩猟方法を行っていた事から、この名前が付けられた。

>>ボーダー・テリアの詳細を読む

ベドリントン・テリア

一見子羊のように見える容姿をしたテリア系犬種。イングランド北西部ノーサンバーランド州にある炭鉱の町「ベドリントン」にちなんで命名されている。
原種は「ロズベリー・テリア」。当時ジプシーにより、スコットランドとの境近くにある「ロスベリーの森」でリス追いなどをするために作られた。

>>ベドリントン・テリアの詳細を読む

ブル・テリア

原種は18世紀中期頃、イギリスで流行した牛と犬を戦わせる「ブル・バイティング」というスポーツに登場する闘犬を作る目的でホワイト・イングリッシュ・テリア、スタッフォードシャー・ブル・テリア、オールド・イングリッシュ・ブルドッグを交配させて誕生。その後スパニッシュ・ポインター等を交配させ、大型で力強い犬へと改良された。

>>ブル・テリアの詳細を読む

ノーリッチ・テリア

ノーフォーク・テリアと起源はほぼ同じで、長い間明確な区別はなされず「垂れ耳タイプ」と「立ち耳タイプ」とに分類されていた。

1880年代頃、ケンブリッジ大学の学生の間でネズミを捕まえる目的として、小型テリアを飼う事が流行していた。これらの犬は「ボーダー・テリア」「アイリッシュ・テリア」などを地元在来のテリア種と交配したもので、「カンタブ・テリア」「トランピントン・テリア」という名前で呼ばれていた。

>>ノーリッチ・テリアの詳細を読む

ノーフォーク・テリア

原産国イギリスでは古くより、主に農村などでネズミやキツネ、アナグマなどの狩猟犬として使役されてきた。
テリアグループに属する犬種で、ノーリッチ・テリアと起源はほぼ同じ。事実ノーフォーク・テリアとノーリッチ・テリアは長い間、明確な区別はなされず、垂れ耳タイプと立ち耳タイプに分類されていた。

第2次世界大戦後には垂れ耳タイプと立ち耳タイプ同士の交配はほとんど行われなくなり、1960年代頃に初めて、立ち耳タイプはノーリッチ・テリア、垂れ耳タイプはノーフォーク・テリアと別の犬種として区別した。

>>ノーフォーク・テリアの詳細を読む

テンターフィールド・テリア

原産地オーストラリア以外ではほとんど知られる事がない希少な犬種。原種の誕生はオーストラリア入植開始頃からだとされ、現在のフォックス・テリアタイプ犬種の原種に、イングリッシュ・ラット・テリア、スムース・フォックス・テリア、ジャック・ラッセル・テリア、トイ・フォックス・テリア、ウィペット、ミニチュア・ピンシャー、チワワなどの犬種を交配させ、長い期間をかけ品種改良し誕生したとされる。

>>テンターフィールド・テリアの詳細を読む

ダンディ・ディンモント・テリア

18世紀にスコットランドとイングランドの境界付近で誕生したとされる。主にカワウソやアナグマ、キツネなどの狩猟犬として使役されていた。

当時は様々な名前で呼ばれていたが、1800年代初頭に発表されたイギリスの小説にこの犬種が登場し、その登場人物名からこの名が付いて定着していった。

猟犬の本能から性格はとても活発。独立心が強く、他人や他の犬に対しては距離を置いて接したり、攻撃的になる場合もある。

>>ダンディ・ディンモント・テリアの詳細を読む

ソフトコーテッド・ウィートン・テリア

アイルランド原産の「大型テリア3犬種」のうちのひとつ。
かつてはアイルランドの農場で、家畜や農地などの警護を行う牧畜犬、害獣駆除犬、狩猟犬、農家宅の番犬など様々な仕事を行う犬として長きに渡り使役されていた。

その後、1930年代ころよりドッグショーなどにも登場するようになり、安定した人気を保っている。

性格は陽気で愛情深く穏やか。飼い主家族や他のペットとも友好的に接する。少々頑固な面も持っている。

>>ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの詳細を読む

スタッフォードシャー・ブル・テリア

19世紀頃、牛や熊と戦う闘犬用としてブルドッグ、スムース・フォックス・テリア、ホワイト・イングリッシュ・テリアと、数種類のテリア系犬種を交配させ誕生した。その人気は高く闘犬としてだけでなく番犬としても多く飼育されていた。

1830年代、イギリス政府により闘犬は廃止。しかしその後も一部の犬は違法にギャンブル用として使われていたが、1920年代前半になると闘犬として使われる事はほとんどなくなった。その後、ペットやショードッグとして飼育できるように、マンチェスター・テリアが交配され、攻撃的な闘犬気質が押さえられるなど性格面や体格面などの改良に成功した。
その結果ペットとしてイギリスで広く飼育されるようになった。現在でもその人気は高く、イギリスのみならずオーストラリアやニュージーランドなどをはじめ世界中でペットやショードッグとして定着している。

>>スタッフォードシャー・ブル・テリアの詳細を読む

スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリアの起源については諸説あり、はっきりした事はわかっていない。
誕生当初は、スコットランド高原地方のシンボルと言われた狩猟犬で、当時スコットランドのアバディーン地方で最も人気の高い犬だった事から、「アバディーン・テリア」と呼ばれていた。
1870年代頃には一時期、スコティッシュ・テリアについての定義が不安定になるが、その後1880年頃には、初めてスコティッシュ・テリアについて詳しく定義づけされる事となる。

>>スコティッシュ・テリアの詳細を読む

スカイ・テリア

イギリス・スコットランドのスカイ島原産のテリア犬種。
その起源はよく分かっていないが、主に野ウサギやアナグマなどを捕獲する地中狩猟犬として使役されていた。

ビクトリア女王がこの犬を寵愛した事や、独特の容姿からショードッグとしてイギリス国内で注目され、上流階級から一般の市民の間でも高い人気を集めた。

>>スカイ・テリアの詳細を読む

シーリハム・テリア

19世紀中半、ジョン・エドワーズ氏により、勇敢で判断力の優れたテリア犬種を作り出す目的でブル・テリア、チェシャ・テリア、スタッフォードシャー・ブル・テリア、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ワイヤー・フォックス・テリア、ダンディ・ディンモント・テリアなどを交配し誕生。
主にキツネやアナグマ、イタチ、カワウソ、クマなどの狩猟犬として使役されていた。

>>シーリハム・テリアの詳細を読む

ジャック・ラッセル・テリア

イギリス原産の小型のテリア犬種。「パーソン・ラッセル・テリア」「アイリッシュ・ジャック・ラッセル・テリア」はこの犬を原種に誕生した犬種。

19世紀中頃、イギリスはデヴォンの「ジャック・ラッセル牧師」が、キツネなどの狩猟のためにスムース・フォックス・テリアボーダー・テリアを交配し、小型で白いテリアを作ったのがこの犬種の起源。

>>ジャック・ラッセル・テリアの詳細を読む

ケリー・ブルー・テリア

アイルランドのケリー州原産のテリア犬種。アイルランドの正式な国犬に指定されている。
そのはっきりとした起源は分かっていないが、「アイリッシュ・テリア」や「ロズベリー・テリア」などを交配し18世紀頃に誕生。後に「ベドリントン・テリア」も掛け合わされ改良されていったと考えられている。

>>ケリー・ブルー・テリアの詳細を読む

ケアーン・テリア

ケアーン・テリアはテリア種のなかで最も古い犬種のひとつ。スコットランドのハイランド地方原産。積石の隙間や穴に生息しているカワウソやキツネなどの小動物を捕らえていた、スコットランドでは最古の使役犬と言われている。犬名は「積石(cairn)」という意味から。
オズの魔法使いに登場する「トト」はケアーン・テリアがモデル。

>>ケアーン・テリアの詳細を読む

オーストラリアン・テリア

オーストラリア原産のテリア犬種。
1860年代にオーストラリアへ渡ってきた移民が1870年代頃、ヨークシャー・テリア、ノーリッチ・テリア、ケアーン・テリア、スコティッシュ・テリア、ダンディ・ディンモント・テリア、スカイ・テリア、アイリッシュ・テリアなどの犬種を交配し、ワーキング・テリアの一種として作ったテリア。狩猟犬として、地中の獲物や畑を荒らすキツネやウサギなど害獣退治に使われており、特に有害な毒蛇の捕獲を得意としていた。

>>オーストラリアン・テリアの詳細を読む

エアデール・テリア

エアデール・テリアは、かつて水辺でカワウソ猟をしていた事から「水のテリア」とも呼ばれる。また、テリア種では最大の大きさを誇る大型のテリアであることから「テリアの王様」とも称される。
ウェルシュ・テリア同様、古いイギリスのテリア種、またはオールド・ブラック・アンド・タン・ラフ・テリアを原種とする犬種。
これらの犬は、ネズミやキツネなどさまざまな害獣を捕獲する狩猟犬としてイギリス、特に北部のヨークシャー地方で飼育されていた。

>>エアデール・テリアの詳細を読む

ウェルシュ・テリア

ウェルシュ・テリアは、古くからウェールズ地方で家畜の番犬として飼われてきた犬種。
2種類しかいないウェールズ産のテリアのうちのひとつで、18~19世紀にイギリスで主流だったオールド・ブラック・アンド・タン・ラフ・テリアが原種と考えられている。
第一次世界大戦後の品種改良で、実用犬だった頃より容姿が発達し、現在のような品種として定着。主にペットして飼われている。

>>ウェルシュ・テリアの詳細を読む

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

スコットランド・西ハイランド地方原産の小型テリアで愛称はウェスティ。
性格や体型などから、農家でキツネやアナグマ、ネズミなどの害獣から穀物を守る番犬として1800年代に活躍していたケアーン・テリアを元に、1900年代初頭、この犬種の白い種類のみを西ハイランド地方の軍人・マルコルム大佐が繁殖させたポルタロック(ポルタロッチ)・テリアが、この犬の原種とされている。

日本には第2次世界大戦後に、アメリカを介して紹介され現在も根強い人気を誇る。

性格は何に対しても好奇心旺盛で、地面に穴を掘ったり時々吠えたりするなど活発に動き回っている事が多い。独立心が強く、少し頑固でわがままなところも。ただし、愛情深く親しみやすいテリア種のひとつともいえる。

>>ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの詳細を読む

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

19世紀後半にイギリスの移民によりアメリカに渡ったスタッフォードシャー・ブル・テリアがその起源。元々イギリスで闘犬だったが、アメリカでもさらに強い闘犬にすべく、アメリカン・ブルドッグやマスティフ種の犬と交配させることで独自改良されていった。
闘犬が禁止された後はペットや番犬として飼育されるようになったため、激しい気性と攻撃性を抑えるようにさらに改良が進められたとされる。

>>アメリカン・スタッフォードシャー・テリア の詳細を読む

アイリッシュ・テリア

テリア犬種中もっとも古い犬種の一つとされる。かつてはアイルランドの農場などで牧羊犬や番犬、猟犬として飼われていた。
飼い主に大変忠実で人なつこい性格。記憶力が高いため学習能力に優れている。かつて猟犬として飼われていた事もあり勇敢な性格でもある。

>>アイリッシュ・テリアの詳細を読む